2012
11/21

梅田阪急ビル竣工、阪急うめだ本店グランドオープン

阪急百貨店うめだ本店が入居する梅田阪急ビルは、1929年4月の開業以降、建物の老朽化が目立っていました。そこで、2002年6月施行の「都市再生特別措置法」に基づく容積率の緩和を受け、2005年に建替計画を発表。以来、グループの総力をあげて建替えを進めていました。百貨店の営業を継続しながら進めた難工事でしたが、2009年の阪急百貨店うめだ本店のⅠ期棟オープン、2010年のオフィスタワー竣工に続き、ビル全体が竣工。阪急百貨店うめだ本店がグランドオープンし、日本最大規模の百貨店と高い環境性能と快適性を兼ね備えた高層オフィスタワーの新設を実現しました。

このウィンドウの内容を印刷する