1920

阪神間直通線「神戸線」誕生

「神戸線」梅田−神戸(上筒井)間と「伊丹支線」(塚口−伊丹間)の営業を開始。1936年には神戸市内延伸線が開通し、梅田−神戸(三宮)間での営業を開始しました。

このウィンドウの内容を印刷する