1936

三宮延伸に合わせ、
ターミナルビル「神戸阪急ビル」が完成

ビルの建築と同時に国鉄線高架下を借り受け、飲食店などの商業施設を整備。神戸阪急ビルはその後の三宮地区の発展に寄与し、まちの賑わいの基礎となりました。

このウィンドウの内容を印刷する