1949

「京阪神急行電鉄」誕生

1949年、京阪電気鉄道に京阪線、大津線を譲渡し、新たな「京阪神急行電鉄」が誕生。神戸線・宝塚線・京都線の3線を軸に事業展開を図ることになりました。

このウィンドウの内容を印刷する