1967

梅田駅拡張第1期工事(神戸線ホーム移設)竣工

1961年に梅田駅の拡張計画の検討がスタート。新駅をターミナル機能に加え、繁華街や都心の機能を併せ持つものとするため梅田地区の再開発事業として位置づけられ、国鉄の高架線の南側から北側に駅を移設するという非常にスケールの大きい計画でした。移設拡張工事は、列車を運行しながら進める必要があったため工程を4期に分け、各路線単位で実施しました。

このウィンドウの内容を印刷する