1997

「ハービスOSAKA」が完成(阪神西梅田開発第Ⅰ期事業)

ハービスOSAKAは、着工から約1年後に阪神・淡路大震災に見舞われましたが、幸い基礎部分は無事だったことから、震災後、開発の継続をいち早く決断しました。そして、工事着工から3年以上もの月日を経て完成したハービスOSAKAは、地下5階・地上40階・塔屋1階の規模を誇り、「ザ・リッツ・カールトン大阪」を中心に、高級インポートブランドやレストランが集積した「ハービスPLAZA」、インテリジェントオフィス、多機能ホールを備えた超高層複合ビルとなりました。

このウィンドウの内容を印刷する