1. ホーム
  2. CSR活動
  3. 環境保全活動
  4. 主な活動内容
  5. 省資源のための取組み

省資源のための取組み

省資源のための取組み

グリーン購入の推進

当社グループでは、「グリーン購入基本原則」を制定し、文具をはじめとする事務用品などの環境配慮製品の購入促進の強化に努めています。

グリーン購入基本原則

購入の必要性を十分に考慮し、品質や価格だけでなく環境のことを考え、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入すること。

必要性の考慮

購入する前に必要性を十分に考える。

製品・サービスのライフサイクルの考慮

資源採取から廃棄までの製品ライフサイクルにおける多様な環境負荷を考慮して購入する。

  1. 環境や人の健康に影響を与えるような物質の使用や排出が削減されていること。
  2. 資源やエネルギーの消費が少ないこと。
  3. 再生可能な天然資源は持続可能に利用していること。
  4. 長期間の使用ができること。
  5. 再使用が可能であること。
  6. リサイクルが可能であること。
  7. 再生材料や再使用部品を用いていること。
  8. 廃棄されるときに適正な処理・処分が容易なこと。

事業者取組みの考慮

環境負荷の低減に努める事業者から製品やサービスを優先して購入する。

  1. 組織的に環境改善に取り組むしくみがあること。
  2. 省資源、省エネルギー、化学物質等の管理・削減、グリーン購入、廃棄物の削減などに取り組んでいること。
  3. 環境情報を積極的に公開していること。

環境情報の入手・活用

製品・サービスや事業者に関する環境情報を積極的に入手・活用して購入する。

購入対象分野

事業及び事務の全ての分野で購入する部品、原材料、用品並びにサービス等を対象とする。

環境と経済の両立

「必要性の考慮」を重視した工夫に努め、「コストアップ」の影響を極力抑える。

継続性の配慮

グリーン購入の必要性が十分に浸透しグループ全体に継続して取組みができるよう、必要に応じて運用方法の検討や見直しを行い、改善に努める。

  1. 実績の取りまとめ
  2. 実施内容(購入対象分野、購入基準、購入方法、購入手順や体制、目標値の設定等)
株式会社ホップス グリーン購入

ホップスのグリーン購入取組み支援

グループ会社のホップスでは、グループ内でグリーン購入対応の事務用品など購買システムの普及に努めると共に、グリーン購入比率の集計を行うなど、グループ各社のグリーン購入の取組みを支援しています。