社会貢献ポイント制度

入会して社会貢献活動をすれば、ポイントが貯まります。
対象者が個人として行うボランティア活動や、環境・社会問題に関する事務局指定のボランティア参加、フェアトレード商品の購入等に対して、本人の申請に基づき、社会貢献活動のポイントを付与します。 →ポイント申請対象者はこちら
ご家族(二親等以内の同居家族)と一緒に参加した場合は、ご家族分のポイントも申請できます。
貯めたポイントは、年1回、社会貢献につながるメニューに交換できます。
本人は、年1回(毎年5月頃)貯めたポイントを、市民団体への寄付、六甲山へ植樹する苗木の寄贈、フェアトレード商品への交換に使用できます。




グループ従業員・OBの皆さまが携わる地域の「ええこと(=ボランティア活動)」を小額支援することで、「未来にわたり住みたいまちづくり」を応援します。
対 象 団 体: グループ従業員およびOB(対象会社のみ)(※1)が、年間12日以上継続してボランティア活動を行う民間非営利団体。
(但し、政治・宗教を主たる目的とする団体、行政の外郭団体および財産管理を目的とする団体は対象外。)
(例)少年野球・サッカーチーム、ボーイスカウト、こども会、環境保全団体等
(※1)所属会社が社会貢献ポイント制度に参加しており、申請従業員・OBが年間12日
    以上、当該団体の活動申請をしていることが必要です。但し、初申請者に限り、
    支援金申請と同時にポイント制度入会および直近一年間の活動申請も受付けます。
支援金使途: ゆめ・まちプロジェクトの重点領域である「地域環境づくり」または「次世代の育成」に関わること。
(但し、飲食費・団体から第三者への寄付金は対象外。)
(例)少年野球の用具購入費、こども会やPTA・地域コミュニティの活動費、里山保全の用具購入費等
支 援 金 額: 1団体あたり3万円上限(総額100万円まで(※2))
(※2)応募多数の場合は、過去3年間支援していない団体を優先のうえ、抽選により決定します。
応 募 方 法: 毎年3~5月に申請を受付けます。団体ご代表とグループ従業員・OB連名で申請書に記入・捺印のうえ、プロジェクト事務局まで、原本をご送付ください。事務局による審査を経て、7月中旬までに合否をご連絡します 。
→2015年度支援団体のご紹介はこちら!  


社会貢献ポイント制度 参加会社一覧

アイテックソフトウェア、アイテック阪急阪神、あしすと阪急阪神、天橋立ホテル、アルナ車両、いいなダイニング、
ウエルネス阪神、エキ・リテール・サービス阪急阪神、エフエム・キタ、オーエス、大阪空港交通、大阪ダイヤモンド地下街、
オムテック、北大阪急行電鉄、キョクトウ、呉阪急ホテル、京浜サービス、システム技研、スマイル、
宝塚クリエイティブアーツ、宝塚舞台、丹後海陸交通、中央電設、西山ドライブウエイ、ニッポンレンタカー阪急、能勢電鉄、
阪急アドエージェンシー、阪急インベストメント・パートナーズ、阪急観光バス、阪急交通社、
阪急コンストラクション・マネジメント、阪急スタイルレーベルズ、阪急設計コンサルタント、阪急タクシー、阪急田園バス、
阪急電鉄、阪急ドライビングスクール服部緑地、阪急トラベルサポート、阪急仁川スポーツガーデン、阪急ハウジングサポート、
阪急バス、阪急阪神エクスプレス、阪急阪神エムテック、阪急阪神カード、阪急阪神クリーンサービス、阪急阪神電気システム、
阪急阪神ハイセキュリティサービス、阪急阪神ビジネスアソシエイト、阪急阪神ビジネストラベル、阪急阪神ビルマネジメント、
阪急阪神保険サービス、阪急阪神ホテルズ、阪急阪神レールウェイ・テクノロジー、阪急阪神ロジパートナーズ、阪急不動産、
阪急リート投信、阪急レールウェイサービス、阪神園芸、阪神ケーブルエンジニアリング、ハンシン建設、
阪神コンテンツリンク、阪神ステーションネット、阪神タクシー、阪神電気鉄道、阪神トラック、
阪神トラベル・インターナショナル、阪神バス、阪神不動産、阪神ホテルシステムズ、ベイ・コミュニケーションズ、
北神急行電鉄、六甲山観光

→ポイント申請対象者はこちら


ゆめ・まちプロジェクトTOP  社会貢献の取組方針  環境づくり  人づくり  阪急阪神 未来のゆめ・まち基金
社会貢献ポイント制度  ゆめ・まち隊の突撃レポート  ポスターギャラリー グループ従業員向けページ