1. ホーム
  2. CSR活動
  3. CSRについてのお知らせ
  4. 阪急電鉄と大阪ガスは、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出されるすべてのCO2をカーボン・オフセットにより“実質ゼロ” にして地球温暖化の防止に貢献しました。

CSRについてのお知らせ

環境保全活動について

「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出されるすべてのCO2をカーボン・オフセットにより“実質ゼロ” にして地球温暖化の防止に貢献しました。(2019.12.15 阪急電鉄)

 阪急電鉄(代表取締役社長:杉山 健博)と大阪ガス(代表取締役社長:本荘 武宏)は、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J-クレジット制度」を活用した、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出されるすべてのCO2をカーボン・オフセットしました。両社でこのような取り組みを実施するのは、昨年度に続き6回目です。

 《 対象公演 》
■宝塚歌劇 宙組公演 全公演期間 (2019年11月15日(金)~12月15日(日))※計44公演
 宝塚ミュージカル・ロマン 『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』
 ショー・トゥー・クール 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』~生命の水~
関連リンク