阪急阪神 わかやま|和歌山県×阪急阪神ホールディングスグループ 今が旬 わかやまキャンペーン

阪急阪神 わかやま|和歌山県×阪急阪神ホールディングスグループ 今が旬 わかやまキャンペーン

わかやま紀州館阪急梅田店
和歌山県の県産品を多数ご紹介いたします。
生産業者による試食販売も充実しております。

商品の一例

梅干

みかん
「生産量全国第1位。温暖な気候が育む信頼のブランド」
みかんの栽培は有田市で1570年から始められ、約400年の歴史があります。商人「紀伊国屋文左衛門」がみかんを舟に満載し、嵐の中、江戸へ運んでいったという話はとても有名です。温暖な気候と水はけのよい傾斜地など、恵まれた条件で栽培されたみかんは、糖度が高く、濃い味に仕上がります。それらの「みかん」からはジュースやゼリー、ジャムといった様々な加工品が作られ、家庭の食卓を彩ります。

みかん+ジュース

梅干
「いにしえの梅の郷に伝わる、日本の健康食」
日本一の梅の産地、和歌山県で育成された「南高梅」から作られた梅干は、果肉が厚く、皮が薄くて、ふっくらとやわらかい食感が特徴です。梅の実は、梅雨期を最盛期に5月から7月にかけて収穫され、8月頃には太陽の下、各農家で一粒一粒丁寧に天日干しされ、おいしい梅干が出来上がります。梅干に多く含まれるクエン酸は、疲労回復や食中毒防止にも期待がされていることから、健康食として人気があります。

和歌山ラーメン

じゃばら
「名前も不思議なその柑橘は、大注目の、にがうま果実」
紀伊半島の中央部に位置する「北山村」は、日本で唯一の飛び地。この小さな村でしか栽培されていなかった「じゃばら」は、その名前が邪気を払うほど酸っぱいことに由来します。地元では縁起物としてお正月料理などに珍重されてきました。

※写真はイメージです。

実施期間:2018年10月5日(金)~10月19日(金)

阪急梅田駅2階中央改札内(神戸線側)
11:00~22:00
※初日は13:00開店、最終日は20:00閉店
070-6548-6055(10月5日開通)
阪急交通社

このページの上に戻る

Copyright © Hankyu Hanshin Holdings,inc All rights reserved.

運営:阪急阪神ホールディングス株式会社