サステナビリティに関するお知らせ

環境保全活動

阪急バスのESG(環境・社会・企業統治)への取組み、バイオディーゼル燃料で稼働する発電機の導入について

2020.09.04 更新

阪急バスでは、本年12月に新設される大阪営業所に、当社社員食堂、グループの給食センター、および阪急阪神不動産が分譲するマンション入居者他から集めた、使用済食用油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF) [温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギー]で稼働する発電機を導入します。
持続可能な社会の実現に向け、平常時は営業所に供給される電力の一部に充当し、使用済食用油のリサイクル推進とCO2排出を抑制します。
また、停電時はオフグリッド自立運行による事業継続計画BCPの一環として、営業所設備の一部に電力を供給します。
詳細は、以下ニュースリリースをご参照下さい。

この記事の関連情報

「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

  • 阪急電鉄
  • 阪神電気鉄道
  • 阪急阪神不動産
  • 阪急交通社
  • HANKYU HANSHIN EXPRESS
  • 阪急阪神ホテルズ