社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」

阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト

この地域社会の一員として歩んでいくために、社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」を2009年4月から推進しています。

基本方針

阪急阪神沿線を中心に、私たち一人ひとりが関わる地域において、
「未来にわたり住みたいまち」をつくることを目指します。

重点領域

未来へつなぐ「地域環境づくり」と「次世代の育成」

「住みたいまち」の実現にあたり、まちの環境の持続可能性を高める「地域環境づくり」と、
未来のまちの担い手である「次世代の育成」の2つを重点領域に、活動を推し進めています。

「地域環境づくり」

地域に密着した事業を行ってきたグループとして、地域コミュニティが安全・安心かつ文化的で、環境に配慮しながら発展する、持続可能なまちづくりに取り組みます。

具体的な取組のテーマ
  1. 安心・快適で、環境に配慮した地域コミュニティをつくる活動
  2. 自然環境・生物多様性の保全につながる活動
  3. 持続可能なライフスタイルの普及活動
  4. 地域の歴史・文化的資源の保全・活用・発展につながる活動
  5. 地球温暖化防止につながる活動
  6. 廃棄物等を低減した循環型社会の実現につながる活動
「次世代の育成」

未来の地域社会を担う人材であるこども達が、夢を持って健やかに成長する機会を創出します。

具体的な取組のテーマ
  1. こども達が自然やエコロジーについて体験・学習する活動
  2. こども達の豊かな心を育む文化・芸術活動
  3. こども達の健全な成長を支援するスポーツ活動
  4. こども達が地域や社会についての理解を深める活動
  5. こども達が多様性を認めあい、思いやりの気持ちを育む活動
  6. こども達へ祖父母・親世代からの知恵を伝承する活動
  7. 障がい児、交通・災害遺児、一人親家庭、社会福祉施設等の児童を支援する活動

主な活動内容

①グループ各社の社会貢献活動の推進

グループ各社がノウハウを結集し、プロジェクトの重点領域である「地域環境づくり」や「次世代の育成」につながる多彩な活動を展開しています。

②資金や広報協力を通じた市民団体の支援

グループ従業員の募金を基に、会社が同額を上乗せし沿線の市民団体を助成する「阪急阪神 未来のゆめ·まち基金」を運営。助成した市民団体とは、その後もお客様向けプログラムを共催するなど、さまざまな協働を進めています。

③従業員・OBの社会貢献活動の促進

従業員・OBの社会貢献活動への参加・継続を応援するため、社内誌やメールマガジンを通じた情報の配信や社内外でのボランティアの機会提供を行っています。

阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト

プロジェクトのサイトはこちら
(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト)

「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

  • 阪急電鉄
  • 阪神電気鉄道
  • 阪急阪神不動産
  • 阪急交通社
  • HANKYU HANSHIN EXPRESS