サステナビリティに関するお知らせ

環境保全活動

摂津市駅が、「省エネ照明デザインアワード 優秀事例」に選ばれました。(2010.02.14 阪急電鉄)

2011.02.14 更新

摂津省エネ照明

阪急電鉄が2010年3月14日に開業した 摂津市駅が、環境省の「平成22年度 省エネ照明デザインアワード」の優秀事例に選定されました。

このアワードは、優れた省エネ効果を達成しながらも魅力的な空間を創り出す“新たな省エネ照明空間デザイン”の普及を目的として環境省が実施したもので、摂津市駅は「公共施設・総合施設部門」の優秀事例に選定されました。

阪急摂津市駅は、日本で初めてCO2排出量ゼロを実現した駅で、非常灯とエレベーター内以外のすべての照明をLED化しています。
さらに、太陽光発電やその他省エネ設備を導入することで、新駅に起因するCO2排出量を約50%削減したうえ、カーボンオフセットの利用により、新駅に起因するCO2排出量をゼロにすることとしています。



この記事の関連情報

「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

  • 阪急電鉄
  • 阪神電気鉄道
  • 阪急阪神不動産
  • 阪急交通社
  • HANKYU HANSHIN EXPRESS
  • 阪急阪神ホテルズ