セグメント情報

(2021年10月29日現在)

セグメント別営業収益 
2019年3月期~2022年3月期(予想)

スワイプして見る
  • 2020年3月期より、セグメントの見直しを行い、エンタテインメント・コミュニケーションセグメントを、エンタテインメントセグメントと情報・通信セグメントに分けて集計しております。
    なお、上記グラフの2019年3月期のエンタテインメントセグメントには、情報・通信セグメントの数値も含めて集計しております。
  • 2022年3月期より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号)を適用しております。当該会計基準の適用により、営業収益に与える主な影響は以下の通りです(営業利益に与える影響は軽微です)。
    • ①旅行事業における企画旅行に係る取引について、営業収益の計上方法を純額表示から総額表示へ変更しています。
    • ②都市交通事業のうちの流通事業における売上仕入取引や、情報・通信事業における電力小売等の代理人取引について、営業収益の計上方法を総額表示から純額表示へ変更しています。

セグメント別営業利益 
2019年3月期~2022年3月期(予想)

スワイプして見る

2020年3月期より、セグメントの見直しを行い、エンタテインメント・コミュニケーションセグメントを、エンタテインメントセグメントと情報・通信セグメントに分けて集計しております。
なお、上記グラフの2019年3月期のエンタテインメントセグメントには、情報・通信セグメントの数値も含めて集計しております。

「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けすることで、お客様の喜びを実現し、社会に貢献します。

  • 阪急電鉄
  • 阪神電気鉄道
  • 阪急阪神不動産
  • 阪急交通社
  • HANKYU HANSHIN EXPRESS
  • 阪急阪神ホテルズ