SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号

S D G s

阪急阪神ホールディングスグループの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の発足10周年を機に、阪急電鉄と阪神電気鉄道では2019年5月より「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の運行を開始。この列車は車体の外観だけでなく、車内ポスター枠やステッカー類をすべてSDGsの目標をイメージしたものに統一。列車全体でSDGs(※)の達成に向けたメッセージを発信することで、ご利用のお客様にSDGsに対する理解を深めていただくことを目的としています。さらに、2020年9月からは東急グループとの協働運行を開始するなど、取組の拡充に努めています。

※「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟国が2030年までに地球規模の17の社会課題の解決を達成することを目標に掲げている。
SDGsについて

「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」は、2022年4月にデザインをリニューアル。さまざまな人や生き物たちが、地域・社会のより良い未来へと続くトビラの向こうへといざなうイラストを描いた新デザインは、上記の列車イメージでも確認できます。持続可能なより良い地域・社会を考えるきっかけになるSDGsトレインに、ぜひ実際に乗ってみてください。

SDGsトレインが実際に走る動画や写真をはじめ、SDGsトレイン内で掲出しているさまざまなポスターをカテゴリーごとに紹介します。

S D G s

こども達が楽しみながらSDGsを学べるコンテンツ「ゆめ・まちSDGsドリル」を紹介。こども達のSDGsの学びをサポートしています。

1.名称

SDGsトレイン「未来のゆめ・まち号」

2.運行車両

最新の省エネ車両を使用するとともに、関西電力の「再エネECOプラン」(※1)を活用することにより、
実質的に再生可能エネルギー100%で同トレインを運行しています(※2)

(※1)

(※1)関西電力が日本卸電力取引所より調達した、太陽光・水力・風力発電などに由来する環境価値を付加した電気を使用するプランのことです。このプランを利用することにより、実質的に再生可能エネルギーによる電力として取り扱うことができます。

(※2)

(※2)2020年9月より、上記のとおり再生可能エネルギーを用いて運行しています。

<阪急電鉄> 神戸線・宝塚線1000系、京都線1300系車両 各1編成(8両編成)

1000系・1300系車両は、高効率のVVVFインバータ制御装置、モーターのほか、前照灯を含むすべての照明機器にLED照明を採用。従来型(5000系、6000系などの電力回生ブレーキ非搭載車)よりも約50%、前形式(9000系)と比べても約20%の消費電力削減を実現するとともに、低騒音の全閉式モーターや駆動装置、側窓にUVカット複層ガラスを採用することにより、車内外の騒音を低減させています。

<阪神電車> 阪神1000系車両 1編成(6両編成)

1000系車両は、高効率のVVVFインバータ制御装置、ブレーキ装置には停止直前まで電力回生ブレーキが作用する純電気ブレーキを採用。照明機器、行先・種別表示器、車内案内表示器をすべてLED化するとともに、車体をステンレス製として軽量化を図り、また外板を無塗装とすることで環境に配慮しています。

3.運行期間

2019年5月27日より運行を開始しており、2025年の「大阪・関西万博」までの継続運行を予定しています。

4.運行区間

<阪急電鉄> 神戸線・宝塚線・京都線および相互直通区間で運行

<阪神電車> 本線・阪神なんば線および相互直通区間で運行

5.車両のデザイン・特徴

●先頭・最後尾車両(上:阪急電鉄 下:阪神電車)

2022年4月より、新たなデザインで運行しています。さまざまな人や生き物たちが、地域・社会のより良い未来へと続くトビラの向こうにいざなう様子を、イラストレーターのウマカケバクミコ氏(※3)がデザインしました。

(※3)

(※3)大阪府出身のイラストレーター。キャラクター・広告・出版・Webなどのイラストを幅広く制作。「ゆめ·まちプロジェクト」の立ち上げ時から、シンボルマークをはじめイラスト全般を担当いただいています。

●中間車両

側面の各ドアの横に、SDGsの全体ロゴおよび1~17の目標のステッカー(計18種)と再生可能エネルギー100%で運行していることを示すステッカーを掲出しています。

●車両内

つり革に、SDGsが掲げる各目標の解説をするステッカーを掲出しています。

6.主催者等

[主  催] 

阪急阪神ホールディングス株式会社

[共  催] 

阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社

[企画監修] 

一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(※4)

(※4)

SDGsの達成のために、NGO・NPO、企業など約140団体が参加し、政策提言のほか、SDGsの普及啓発や情報 発信、様々な団体との連携の強化を行っているネットワーク団体です。共同代表理事の三輪敦子氏は、日本政府のSDGs推進本部のSDGs推進円卓会議に市民社会からの有識者委員として参加しています。

[協  賛] 

花王株式会社、関西電力株式会社、サントリーホールディングス株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社大和証券グループ本社、株式会社竹中工務店、凸版印刷株式会社(50音順)

[後  援] 

外務省、環境省、国連広報センター